スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーターハム製作6

購入したハンドピースで早速塗装。

上二つはフラットアルミ、下三つはメタリックグレイで塗装。
メタリックグレイの塗装ではベース(プラスティックの色)がシルバー系の色のため差が分かりにくいですが、フラットアルミはベースが黒のため塗装による差が明確で塗装しやすいです。
正直自分でも上手くいったと思います。塗料の濃さ調整やハンドピースの操作の不慣れなどもあり、失敗するかもと思いましたが、出来上がってみると刷毛塗りや缶スプレーにもどれなくなる仕上がり。もう刷毛塗りや缶スプレーには戻れません。また、経験を積んでいけば今回以上の仕上がりになると思います。

今回は面積の小さいものが多かったですが、2番目の部品の面の広さでもほぼムラなく塗装できたので、ボディ外装塗装でも大きな失敗なく塗装できそうです。
ケーターハムでは大きな面積の塗装がないため、小物塗装を経験して他のキットの大面積の塗装に生かしたいと思います。
エアブラシ塗装1

PLライン消しや、部品の合わせ部分の処理をせずに塗装したためかなり目立ってます。エアブラシで塗装する場合下地処理が重要になることをあらためて確認しました。(写真では見えていない部分です)
エアブラシ塗装2

塗料がわずかに残ったため急きょ塗装した部品。
暗い色を塗るためマスキングせずに塗装。
エアブラシ塗装3
エアブラシ塗装4

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

careng

Author:careng
40代男性 
職業:機械設計
中部地方在住

 プラモデル製作は20代のころからですが、お休みしている期間もありトータルの年数はあまり多くありません。
 最近長く続けていた他の趣味をやめたため、プラモデル製作に力を入れ始めています。
 対象は主に車ですが、それ以外の製作過程も掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。