スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーターハム製作2

 フレームの製作。成形上の理由から切り取る部分があります。
 カット後セミグロスブラックで塗装。ベースが黒のためあまり変化がないように見えますが、未塗装では艶がある部分が目につきますが、塗装後は全体が半艶消しで塗装の効果を感じます。
 ベースが黒で部品が細いため丁寧に塗装しなくても、それなりに見える結果となりました。
 
 塗装には、タミヤの「スプレーワーク ペインティングブース ツインファン」を使用しました。今まで外で塗装して風の影響などを受けていましたが、ブースを使うことで安定した塗装ができるようになりました。詳細は別の日に記事をアップします。

購入時の状態。フレームがこの状態のように見えますが、カットしなければいけない部分が結構あります。
CSSフレーム1

余分な部分をカットして塗装した状態。
カット部分が多くスカスカになった印象。(上の写真とは左右が入れ替わっています)
ケーターハムフレーム

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

careng

Author:careng
40代男性 
職業:機械設計
中部地方在住

 プラモデル製作は20代のころからですが、お休みしている期間もありトータルの年数はあまり多くありません。
 最近長く続けていた他の趣味をやめたため、プラモデル製作に力を入れ始めています。
 対象は主に車ですが、それ以外の製作過程も掲載していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。